むやみな操作の防止

データを間違えて削除してしまった、コンピューターの不調によりデータが消えてしまった、などといったことが起こると思わず焦ってしまいがちですよね。
事前の対策としては、データを頻繁にバックアップすることでこのような事態が起きても、データの抹消を未然に防ぐことが可能です。
しかし、どうしても起きてしまった場合どうしたら良いのでしょうか。
むやみに操作しないのが一番であり、分からずに操作して復旧の確率を自ら下げてしまっては元も子もありません。ネットワークは出来るだけ切断しましょう。
すぐに復旧したいがために復旧ソフトを使う人もいますが、これには危険性が伴います。
確かに現在の市販の復旧ソフトは高性能であり、高確率で復旧が可能であるかもしれませんが、逆に悪化させてしまったり、ウィルス感染などというリスクもあるようなので、何でもすぐに復旧ソフトを使うことはあまりおすすめしません。特に、水没などの物理障害全般は復旧ソフトの使用は避けた方が良いでしょう。
適切にデータを復元する為には、データ障害の症状を確認、理解し、個人で復旧可能であるのか、また業者に依頼するべきなのかの判断を正しく行うことが重要です。
当サイトは、業界トップクラスの技術力により、確実に復旧いたします。お困りの方、まずは相談からどうでしょうか。