最新情報・レポート

データ復旧に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたしますので、ご参考ください。

不良セクタってなに?不良セクタの原因や対処法を解説します!

不良セクタってなに?不良セクタの原因や対処法を解説します!

突然コンピューターの読み取りや書き込みができなくなってしまう…という被害があることはご存じですか?いきなりコンピューターが動かなくなってしまうと困ってしまいます。コンピューターの読み取りや書き込みができなくなってしまう原因として、不良セクタというものが考えられます。不良セクタが原因でデータが消えてしまうこともあるのです。

さまざまな情報の入ったデータが消えてしまったら、作り直さなくてはなりませんし、大切な唯一無二のデータの消失となると、取り返しのつかない被害となります。この記事では、不良タスクとはどんなものなのか、原因や対策方法をご紹介します。一読することで不良セクタの被害を起きにくくし、不良時にすぐに対応することができるかもしれません。

不良セクタってなに?不良セクタへとつながる原因

不良セクタとは一体どんなものでしょうか。不良セクタについて調べてみても難しい言葉が並んでおり理解しにくいものです。不良セクタとはどういったものなのか、不良セクタへとつながる原因も解説していきます。

不良セクタとは

ハードディスクなどの記憶する精密機器が、経年による劣化や損傷を受けて書き込み・読み取りに不具合が生じたセクタを不良セクタと呼びます。セクタとは、ハードディスクの円盤状の記憶媒体における記録範囲を分割したときの1か所のことをさします。テレビなどの液晶画面に例えるならば、ドット不良と考えるとわかりやすいかもしれません。

ハードディスクなどの機械には、寿命があります。使えば使うほど摩耗していくので、データの書き込み・読み込みができなくなる部分が増えていきます。そのため不良セクタへとなるのです。

不良セクタへとつながる原因

コンピューターには、さまざまな金属の部品が使用されています。どの機械や部品にもいえることですが、使えば使うほど劣化していきます。疲労がたまり、磁石の力が弱まることで、不良セクタへとつながってしまうのです。また、落とすなどの衝撃を与えたり、水没させてしまった際も不良セクタへとつながる可能性があります。

コンピューターの取り扱いにも注意することで、不良セクタへの危険性を軽減できるかもしれません。

故障前の前兆や確かめ方

故障前の前兆や確かめ方

故障してしまう前に気づいて対応することで、不良セクタによる被害を抑えることができます。前兆や確かめ方を知っておくといいでしょう。

ハードディスクから異音がなる

ハードディスクからいつもと違う音がしたら、故障の前兆である可能性が高いです。一般的にハードディスクは「ウィーン」という音がなりますが、不具合が起きているときは「カチッカチッ」と針を刺すような刻まれる音がなるケースがあります。その際は、何らかのトラブルが起きていると考えられるでしょう。

エラーチェックで不良セクタの有無を確認する

自分で不良セクタのチェックをすることができます。エラーチェックをすることで、不良セクタの有無を確認することができるのです。エラーチェックの流れをご紹介します。

  • 1.コンピューターを開く スタートメニューの検索欄に「コンピューター」と入力して、コンピューターを開きます。検索せずとも、デスクトップ上にショートカットキーが配置されていたり、OSのバージョンによってはスタートメニューを開いてすぐにあることもあります。お好きな方法で開いてみましょう。
  •  

  • 2.確認する   コンピューターをクリックすると、ハードディスクなどの記憶媒体のデータ容量などが表示される画面が開きます。各調べたいハードディスクの表示のところで右クリックし、メニューからプロパティを開きます。プロパティを押したあと、ツールタブの中のエラーチェックの項目の「チェックする」をクリックしましょう。
  •  

    上記のような操作をすると、不良セクタの有無を確認することができます。エラーチェック完了後に「正常にスキャンされました」と表示されたら完了です。ハードディスクなどコンピューターの操作に異常を感じた際は、エラーチェックをしてみるといいでしょう。エラーチェックをすることで、使用中のハードディスクの状況を確認することができます。

    不良セクタの対策方法

    不良セクタの対策方法

    突然コンピューターが動かなくなってしまったら困ります。不良セクタによってデータが消えてしまう可能性もあり、被害を受けてしまうのです。大変な思いをしてしまわないように対策しておくことが大切です。さまざまな対策方法をご紹介していきます。

    バックアップを取っておく

    万が一に備えてバックアップを取っておくといいでしょう。コンピューターが動かなくなってしまってからでは遅く、対応できなくなってしまう可能性があります。バックアップを取っておくことで、データが残るので故障してしまっても安心できます。

    ハードディスク自体を交換する

    上記でも紹介したように、ハードディスクから異音がなった際は故障の前兆かもしれません。その際は、バックアップを取りデータを残してから、ハードディスク本体を交換するといいでしょう。ハードディスクも精密機器なのでもちろん寿命があります。エラーチェックを定期的に行って、故障する前にハードディスクを新しいものにしておくと安心かもしれません。

    違和感を感じたら早めに対処

    故障するとデータが壊れてしまったりと、何らかの損害がでてしまうでしょう。コンピューターを操作しているうえで不具合を感じたら、すぐに業者などに相談するといいかもしれません。故障してしまう前に相談しておくことで、適切な対策がしやすくなります。自分では確認できないようなコンピューターの不具合を検査してくれるうえ、対処法を教えてくれるでしょう。

    まとめ

    コンピューターが故障してしまうと困っています。また、保管していたデータが消えてしまったら大変です。今回の記事では、不良セクタによってデータが消えてしまう可能性があることを紹介しました。どの機械にもいえることですが、機械には寿命があるため故障してしまうことは仕方のないことです。

    故障する前にできる対策して、故障しても困ってしまわないようにするといいでしょう。エラーチェックであとどのくらい使うことができるのか確認しておくと、だいたいハードディスクを変えるべきタイミングを知ることができます。また、バックアップを取っておくのもいいでしょう。故障してしまってもデータを復元することができます。

    コンピューターを操作するうえで不具合を感じた際は、できるだけ早く業者やプロに相談しましょう。状況に合わせた対策法を終えてくれるので、安心してコンピューターを使うことができます。

    このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
    1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
    Loading...

    通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

    0800-805-7264

    24時間365日、日本全国受付対応中!

    無料相談はこちら

    利用規約はこちら

    上枠

    CM

    BSニュース 日経プラス10

    「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

    下枠

    私たちが24時間365日サポートいたします

    0800-805-7264

    24時間365日、日本全国受付対応中!
    • あおやま
    • いりやま
    • くどう
    • かねだ
    • えんどう
    • いとう
    • きまた
    • よしだ
    • むらかみ
    • たけした
    • たまがわ
    • てらさいもと
    • かとう
    • ひらの
    • たがわ
    • いしい
    • くの
    • ののむら
    スタッフが待機中!
    • お急ぎの方へ
    • 無料相談はこちら

    選ばれる4つの理由

    各種クレジットカード使用可能です

    ※手数料がかかる場合がございます
    ※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

    情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

    プライバシー対策も万全です

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

    弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

    • 0800-805-7264
    • データ復旧隊とは
    • お急ぎの方へ
    • 無料メール相談窓口へ