最新情報・レポート

データ復旧に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたしますので、ご参考ください。

SDカードの「破損しました」は復元の可能性あり!どうしたらいい?

 SDカードの「破損しました」は復元の可能性あり!どうしたらいい?

 

「SDカードが破損しています」

「SDカードのデータを読み取れません」

SDカードを使っているときにこのようなエラーが出たらとても恐怖ですよね。「大切なファイルが消えてしまうかも!」と焦って気が気でないでしょう。

最近ではカメラやスマートフォン、タブレット、カーナビなど、多くの機器でSDカードを使う機会が増えました。しかし使う機会が増えたことで「SDカードが破損して写真ファイルが全部消えた!」という声もよく聞きます。写真や動画などの思い出がたくさんつまったデータをSDカードに保存していた場合、いざ読み込めなくなるとショックでとても悲しいですよね。

今回は、SDカードが破損してしまう原因から、破損した場合の対処方法や日常でおこなえる対策までお伝えします。SDカードを安心して使うためにしっかり理解しましょう。

 

 

SDカードの「破損しました」メッセージ!なぜ壊れるの?

SDカードの破損はなぜ起こってしまうのでしょうか。SDカードが破損するメカニズムを知りましょう。

SDカードが破損する原因って?

結論からいいますとSDカード自体が物理的に壊れることは少なく、SDカード内に保存されたデータが壊れることがほとんどです。SDカード内の一部のデータが壊れることで、SDカード全体が破損したとみなされてしまいます。そうなると正常なはずのデータまで読み込めなくなってしまいます。

SDカード内のデータが壊れるタイミングはSDカードに何かしらのデータを書き込んでいる最中(ファイルのコピーや変更など)がほとんどです。データ書き込み中に「SDカードを抜く」「機器本体の動作異常でフリーズや再起動をする」ということがおこなわれると、SDカード内のデータが破損する可能性があります。

とくにスマートフォンやタブレットの場合、私たちが見えない裏側の部分で勝手にSDカードのデータを更新されていることがよくあります。そのタイミングでフリーズや予期せぬ再起動が起こると、データが破損するケースが多いようです。

 

破損しているかを自分で確認するには

SDカードが破損している、または「読み込めません」とエラーが出たときは、SDカードの破損を疑うとともに、機器本体の問題も疑ってみてください。もしかするとSDカードは正常なのに、機器本体(スマートフォン、タブレット、SDカードリーダーなど)の問題で読み込めていない可能性があります。

機器本体に問題があるかどうかの確認方法として、SDカードをほかの機器で読み込んでみる方法があります。たとえば、あるスマートフォンでSDカードが読み込めない場合、ほかの機器(スマートフォンやパソコンなど)でそのSDカードを読み込めるかを確認します。もしSDカードを読み込むことができたら、そのSDカードは正常です。問題はエラーが発生した機器本体にあります。

機器本体に問題があると判断できた場合、機器本体のメーカーサポートなどを利用して修理しましょう。

 

SDカードが破損してもあわてないで!まず落ち着いてするべきこと

SDカードが破損してもあわてないで!まず落ち着いてするべきこと

 

SDカードが破損した場合、適切な手順を取らないとそのSDカードの状態はどんどん悪化して、中のデータを復旧することが困難になってしまいます。SDカードが破損しているとわかった場合の適切な手順を覚えましょう。

スマホからSDカードを取り出す

まずはエラーが発生した機器(スマートフォンやタブレット)からSDカードを抜いてください。破損したSDカードが時間とともに復旧するなんてことはありません。逆に、SDカード内の破損データがさらに新しい破損データを作ることにもつながりかねませんので、まずはSDカードを抜きましょう。

 

SDカードはそっとしておく

SDカードを聞き本体から抜いた後は、とくに何もせずにそっとしておきましょう。破損したSDカードの接点部分(金属部分)をゴシゴシ布で拭いたり、汚れ落としなどを吹きかけてキレイにしたりすると、状態が悪化してしまいます。そうなると、最悪の場合SDカード自体が物理的に破損して使えなくなってしまいます。

 

フォーマットもしないこと

SDカードのフォーマットをスマートフォンやパソコン上でおこなっても、読み込めなくなったデータが復旧することはありません。フォーマットによる保存領域の初期化の目的は、保存領域の表面部分をキレイにすること。逆に保存されていたデータがすべて消えてしまいますので、フォーマットは行わないようにしましょう。

 

復旧作業は自分でする?業者に依頼?

SDカードが読み込めなくなってもあきらめずに復旧を試みましょう。もしかすると中身のデータを復旧できるかもしれません。

SDカードのデータを復旧する場合、自分で復旧する方法とデータ復旧業者に依頼する方法の2パターンがあります。それぞれ一長一短ですので、以下の内容を見てどちらのパターンで復旧するかを決めましょう。

自分でするなら自己責任!フリーソフトを使用

インターネット上で「SDカード 復旧」といったキーワードで検索すると、個人で使えるデータ復旧ソフトが多く見つかります。中には無料で使えるフリーソフトやアプリも存在するので、そういったものから試してみるとよいでしょう。

ただ、データ復旧ソフトは万能ではなく、確実にすべてのデータを復旧できるわけではありません。全くデータを復旧できないこともあります。また、データ復旧ソフトはある程度の専門用語を知っていないと操作方法がわからない場合もあるため、初心者にとっては敷居が高いといえます。

 

費用がかかるけど安心!プロにお願い

SDカードのデータ復旧をしてくれるプロのデータ復旧業者もたくさん存在します。業者は専門のソフトウェアや機材を使ってデータ復旧をおこなうため、自分で復旧する方法と比べて復旧できる可能性が高いです。

復旧にかかる費用はSDカードの種類や状態によって変わるため、相場はピンキリで数万円から数十万円かかるといわれています。

 

SDカードの破損でショックを受けないために日ごろからできること

SDカードの破損でショックを受けないために日ごろからできること

 

SDカードが破損した場合の復旧方法をお伝えしてきましたが、100%復旧できるとはいえないことも事実です。SDカードが破損したときに備え、私たちが日ごろからおこなえることは何でしょうか。

こまめなバックアップを心がける

定期的にバックアップ(データのコピー)をおこなえば、万が一SDカードが破損してもデータを復元できる可能性があります。具体的には、SDカードからほかのSDカードやハードディスクなどに定期的にバックアップをおこないましょう。そうすることで、SDカードが破損した場合もバックアップ先(他のSDカードやハードディスクなど)からデータを復元可能です。

 

容量は小さめがよい

SDカードの容量に関しては、あえて小さい容量を使った方が、SDカードが破損したときのショックや被害は少なくて済みます。

最近では256GB、512GBなど、大容量のSDカードを安価で購入できる時代になりました。容量と値段を見ると、大容量の方が割安である場合が多いです。しかし、大きいサイズのSDカードにたくさんのデータを入れていると、いざSDカードが破損したときの被害も大きくなってしまいます。

小さい容量のSDカードを複数所有したり、こまめにSDカードの中身をハードディスクなどに移したりするなどして、1つのSDカード内に大容量のデータを保存しないようにしましょう。

 

まとめ

今回の記事では、SDが破損する理由や破損したデータを復旧する方法をお伝えしました。SDカードの破損は原因があって起こることですが、「SDカードはいつ壊れてもおかしくない」という認識をもって使うことが大切です。

もし破損した場合でも、大切なデータがSDカードに保存しているなら、あきらめずにデータ復旧ソフトやプロの復旧業者に頼ってみましょう。復旧率はどちらも100%とはいえませんが、ある程度のデータが復旧できる可能性はあります。

破損したときに備えて、「こまめにSDカードのバックアップをとる」「小さい容量のSDカードを使う」といったこともおこない、SDカードが破損したときのショックや被害を最小限にくいとめることも大切です。バックアップしていて「いつ壊れても大丈夫!」という状態であれば、安心してSDカードを使えますね。

 

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7264

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-7264

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0800-805-7264
  • データ復旧隊とは
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ